即日20万借りる方法と審査に関して

即日20万借りる方法と審査に関して

即日に20万円借りる方法や審査について

海外旅行に行く費用やクレジットカードが使えなかった時、親族の急な不幸などある程度のまとまったお金が必要になるケースは多々あります。その金額には様々なものがありますが一般的にはおよそ20万円程度だとされていて、実際にこの20万円と言う金額は急に必要になる金額の中でも多くなっています。ただ、20万円と言う金額は決して小さい金額ではありません。基本的なサラリーマンの月収は20万円〜30万円程度になっていて、その月収に匹敵する金額になっています。なので親や友人に簡単に借りられる金額ではなく、多くの方が金策に頭を悩ませています。そして、多くの方が選ぶ方法としては消費者金融からの借り入れになります。

上記のように、20万円はサラリーマンやパートやアルバイトの方には大きな金額になります。しかし、消費者金融から見れば少額融資の範疇になっています。なので比較的貸し付けしやすい金額で、審査も甘くなる傾向が見られます。例えばこの20万円を超えるような50万円や100万円と言った金額の場合は収入証明書などが必要になりますし、勤続年数なども確認される事があります。これはいわゆる借り逃げを防ぐと言う目的もありますが、本人の返済能力を確認すると言う意味が大きくなります。しかし少額融資である20万円の場合は収入証明書を求められる事はほとんどありませんし、在籍確認のみや場合によっては本人確認のみで審査を終えると言うケースもあります。

また無職の方や専業主婦であっても家計収入が証明できれば借り入れが可能になりますので、この金額は一般的には高額と認識されていますが借入しやすい金額になっています。また、最近ではインターネットの発達に伴いネット上から申し込む事もできるようになっています。そのような場合には店舗に足を運ぶ事もありませんので、なおさら借りやすくなると言えます。なおこのインターネット上からの申し込みですが、通過基準とは別の理由で落とされる事があります。

それは特にここ数年で顕著に見られ、携帯電話からの申し込みは注意が必要になっています。例えば、年収が5000万円あるような方でも申し込み書類に不備があると100パーセント落とされます。特に携帯電話は画面が小さいですし、押し間違えなどの入力ミスをしやすい環境にあります。なので、申し込み画面で押し間違えたりなどの入力ミスで通過できなかったと言うケースが急増しています。

 

借りる前に確認しておく事とは

20万円借りる事は比較的容易に行えますが、借りる事ができないと言うケースもあります。そうなってしまうと予定がくるってしまいますし、場合によっては大きな問題に発展する可能性もあります。まず、最初に確認しておくべきなのが他社からの借入状況になります。これは見落としがちなポイントになっていて、最も落とされる事が多いポイントにもなっています。基本的に消費者金融では共通のデータベースを使用して業務を行っています。なので虚偽の記載は簡単に分かってしまいますし、現時点で借りる事のできる金額の上限も簡単に分かってしまいます。実は消費者金融がお金を貸し付けする場合には上限が設定されています。

これは総量規制と呼ばれていて、年収の3分の1を超えて貸し付けする事はできなくなっています。年収の3分の1を超えると返済が厳しくなりますし、そうなると借りた本人も貸した側も共倒れになる可能性が出てきます。なので、総量規制を設けて両社が共倒れにならないようにしています。また、延滞などの問題を頻繁に起こしている方も借り入れが難しくなります。この場合はお金を返したと言う事実よりも、返す為の期限を守らなかったと言う事実の方が重くなり信用が無い判断される事が理由になっています。上記のように基本的に多くの消費者金融では共通のデータベースを使用しています。

そこには様々な情報が記載されていて、今までの返済の状況や問題の有無などが分かるようになっています。なので、他社で問題を起こしていた場合には借り入れできる可能性は低くなってしまいます。逆に言えばこれらの点で特に問題が無い場合には書類の不備などがなければ簡単に借り入れする事ができます。ただし利息などには違いが出てきますので、余裕があるならば複数の業者で相談する事が良いとされています。一般的には銀行などの場合は金利が低くなりますが、消費者金融はやや高めに設定されています。しかし通過の基準は銀行よりも甘くなりますし、即日融資が可能になります。

なので、即日で20万円を借りる場合には複数の消費者金融を回りできる限り金利が低い所を選ぶ事が重要なポイントになります。なお、消費者金融の中には非常に悪質な業者があります。それを避けるためには大手の消費者金融を選んだり、評判や口コミなどを調べて判断したり実際に借りた人から話を聞いてみるのも良い手段になると言えます。